園児の広場

つぼみぐみ【手づかみ食べからスプーンへ】

 以前は、手づかみ食べが中心だった子ども達ですが、だんだんと手指の発達が見られるようになり、スプーンを使っての食事を促しています。お皿にスプーンがあると自分から持つことはできますが、“すくって食べる”という意識はまだ薄いです。そのためにも、大人がスプーンに一口大の食べ物をのせてやり、それを口に運ぶ経験をすることで、少しずつスプーンは食べ物をのせるものだと理解できるようになっていきます。焦らず繰り返し行うことが大事です。何よりも「食べたい」という気持ちを大切にし、無理強いをせず、口出し手出しをし過ぎないようにしましょう。

11月の目標

*一人ひとりの様子を見ながら薄着を心がけ、健康で快適に過ごせるようにする。
*秋の自然に触れながら、戸外で体を動かしたり、葉っぱや木の実に興味をもって遊んだりする。

ももぐみ【洋服の着脱 頑張っています!】

 夏は汗で難しかった着脱が、最近は保育者に見守られ「よいしょ~!」とズボンやパンツを一生懸命引き上げています。足をズボンに通しきるのに苦戦し、「できない~!」と訴えてくる子、泣いてくる子もいますが、保育者の励ましや部分介助を受け、随分自分でできるようになってきました。帽子や靴は前後・左右が反対になったりしますが、自分でできたことが嬉しくて「できた~!」と嬉しそうに見せてくれます。「自分で!」の気持ちを大切にしながら、これから少しずつ上着の着脱にも挑戦していきます。しかし、イヤイヤ期に差し掛かった子ども達の介助や対応が難しいので、気長に見守ったり、次に行うことの楽しみを知らせたりしながら関わっていきたいです。

11月の目標

*簡単な身の回りのことに興味を持ち、自分でしようとする。
*保育者や友達と一緒に秋の自然に触れながら体を動かすことを楽しむ。

すみれぐみ【お店屋さんごっこ】

 お店屋さんごっこでは、嬉しそうにどんぐりの財布を下げて、さくら組の友達と一緒に各お店を回って欲しいものを買うことができ満足そうな子ども達でした。遊びの中でお金のやり取り経験することで「勝手にとったらどろぼうだよ。」などと友達同士で言い合う姿も見られました。友達同士での関りが増えて、ごっこ遊びを楽しめるようになってきたすみれ組。最近は、遊具の下でアイス屋さん、ジュース屋さんごっこなど年長・中児がしていたお店屋さんを真似したり、保育者の仲介を受けたりしながら「ジュース屋さんです」「お金下さい」など簡単な言葉のやり取りをしながら楽しく遊んでいます。異年齢児との関わることで同年齢では学べないいろいろな学びがあります。これからも、いろいろな人との関わりを大切にしていきたいです。

11月の目標

*気温の変化や体調に留意し、健康的に過ごせるようにする。
*保育者や友達と簡単な言葉のやり取りやごっこ遊びを楽しむ。

たんぽぽぐみ【お友達はどんな気持ち?】

 仲のいい友達と一緒に遊んだり集団で遊んだりと友達と関わって遊ぶことを楽しめるようになってきました。しかし、友達との関りが増えると気持ちの行き違いからトラブルが発生します。上手く言葉にできなかったり、保育者へ訴えにきたり、言い合いやとっさに手をだしてしまうケンカもみられます。その都度、原因や相手の気持ちを一緒に考えていますが、自分の気持ちは言えても相手の気持ちを受け入れることはまだ難しいようです。「自分がされたらどうかな?」と問うと「いやだ」「嬉しくない」と気づくこともあるので、時には友達と衝突しながら相手の立場や気持ちが理解できる子に育ってほしいと思います。

11月の目標

*一人ひとりの体調を把握し、手洗い・うがいの習慣が身につくようにしながら健康に過ごせるようにする。
*秋の自然の変化に興味・関心をもち、自然物やいろいろな素材に触れて描いたり作ったりして遊びを楽しむ。
*集団生活に必要なルールを知らせてもらいながら、友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わう。

ゆりぐみ【初めての稲刈り】

 6月に植えた苗が成長し、黄金になった稲を見て「お米だ!」と喜んでいた子ども達。はさみで切ったり、保育者と一緒に鎌を使って刈り、たくさんの収穫ができました。田植え→稲刈り→脱穀→精米と体験することで、お米ができるまでには大変な仕事がたくさんあることを知りました。そして、その大変さを少しでも体験したことと共に、毎日、ご飯が食べられることは当たり前ではないこと、他国では毎日ご飯が食べられない人がいることを話すと、弁当箱の隅についているご飯粒も残さず食べようとするようになり、みんなで感謝の気持ちをもって毎日残さず食べることを約束しました。

11月の目標

*気温の変化に気づき、衣服の調節や手洗い・うがいを行い健康に過ごせるようにする。
*寒さに負けない体つくりをし、のびのびと体を動かして遊ぶことを楽しむ。
*保育者や友達と共通の目的をもって、活動したり遊ぶことを楽しむ。

さくらぐみ【なりきりごっこ】

 今月は勤労感謝の日があるので、いろいろな仕事に興味が持てるようにお父さん・お母さんのお仕事の洋服や小物を使ってなりきりごっこをしました。とても喜び、まだ大きい大人の仕事服に「大きいな~」「こんなの使っているのか。すごいな~」と親の偉大さを感じていました。また、今まで知らなかった仕事を知ったり、仕事の内容をみんなで考えたりすることもできました。世の中にはたくさんの仕事があることを知らせることで、将来の夢もプリキュアや仮面ライダーから「薬剤師」「ペット屋さん」「学校の先生」などと変化も見られました。今回の遊びを通して、社会のため、家族のために働いているお父さん・お母さんへ感謝の気持ちを持つことができました。

11月の目標

*気温の差を感じ必要な生活習慣を身につけ自ら行っていく。
*季節の変化に気づき自然事象に興味・関心を持つ。
*共通目的や目標をもって遊びを工夫しながら、遊びの内容を自分で考えていく。

つぼみぐみ【おはなし・おはなし】

 ♪お話、お話パチパチパチパチ~♪と歌が始まるとお話の時間です。子ども達は絵本が大好きで、動くことが大好きな子も絵本の時間は静かに座ってお話に夢中です。月齢の高い子は絵本を指差し「わんわん」「パンマン(アンパンマン)」等の発語もみられています。特に動物の絵本の際は、ゾウの鼻を「パオ~ン」と腕を動かし表現するなど登場した動物の真似っこをするなど、普段見られない反応や様々な表情が見られます。読み聞かせには脳や心の成長・想像力刺を刺激し、子どもの心を豊かにすると言われています。その他にも「これ何かな?」などといった簡単な言葉かけで発語を促すことにもつながっていきます。また、人間の声は親が庫どもの精神状態を落ち着かせるための最も強力な道具であると言われています。ご家庭でも秋の夜長をお話の読み聞かせをして楽しまれてみて下さい。

10月の目標

*気温差に応じて衣服・寝具の調節をしながら健康に過ごす
*保育者と一緒に戸外遊びや散歩を通して秋の自然に触れて、探索活動を楽しむ。

ももぐみ【体を動かすの大好き!】

 子どもの成長は著しく、歩行が安定して長い距離を歩けるようになったり、走ったり、両足とびができたり…と一人ひとりの成長を嬉しく感じています。運動遊びと言えば、運動遊具を使った遊び・かけっこ・固定遊具遊びなどを一般的に考えがちですが、どこでもできる『這い』も、この時期の大切な運動遊びの一つです。もも組では、犬・熊・蛇など子どもが知っている動物を四つん這い・高這い・腹ばいと変化をつけて取り入れています。始めは保育士の真似をしていましたが、最近では、「犬さん」というだけで、四つん這いをして動き楽しんでいます。ハイハイは、成長してから良い姿勢を維持し、バランス感覚に優れた運動神経を育てるのに大切な基礎運動です。また、腹這いは、親指で地面を蹴って進むという行動が、脳の発達に良いと言われています。
今後も怪我に注意しながら積極的に運動遊びを取り入れていきます。

10月の目標

*気温や体調の変化に留意してもらいながら健康に過ごす中で、できることを自分でやってみようとする。
*戸外遊びや散歩に行き、秋の自然(食べ物・虫など)を見たり、触れたりすることを楽しむ。

すみれぐみ【ふしぎだね?!】

 トンボのめがねを作り、園庭を探索しました。少しずつ色の認識も出来るようになり「赤色めがね」「緑色に見える」など自分のめがねから見える色のついた景色を楽しんでいました。そんな中、めがねのフイルム部分に太陽の光がさしこみ、下の土が眼鏡の色になっているのを発見した子ども達。「え~っ、すごい!」や様々な色があることに気づき、「なんで?」「先生、なんで色がつくの?」と不思議そうな表情を浮かべていました。最近、好奇心旺盛でいろいろなことに対して「なんで?」「どうして?」とよく質問をしてきます。この時期の質問は、理論的な答えを求めているのではなく、大人が答えるという言葉のやりとりを楽しんでいます。前期の質問期にどうか関わるかが今後の知的探求心にも結び付きますので、「また~」と思われることもあるかもしれませんが、親子のコミュニケーションとして楽しく答えてあげて下さい。

10月の目標

*季節の変化や朝晩の気温差に留意し、健康的に過ごせるようにする。
*体を動かしたり、戸外に出かけたりして、どんぐりや落ち葉などに触れながら秋の自然に興味をもつ.

たんぽぽぐみ【体のつくりって、どうなっているのかな?】

 身体を使った様々な遊びや経験を通して「自分の体のつくりに」に興味を持ち始め、先日、絵具を使って全身の絵を描きました。「顔の下には何があるかな?」と尋ねると「首!」「首の下には?」の質問には「体!」と答えることができました。でも、いざ絵に表現するとなると、どこに首を描いていいのかわからない子、首は描かずに体を描いていしまったり、首から手がる子もいてまだ難しい子が多かったです。次に粘土で体のパーツを作って組み立てる遊びをすると分かりやすかったようで、「顔と首は繋がっているからここ。」「手は体の上(肩)からでているよね。」と言いながら楽しく全身を作っていくことができました。今後も、体を使ったいろいろな遊びを楽しみながら体のつながりや体の細かい部位の名称が言えるように関わっていきたいです。

10月の目標

*季節の変化に応じて、快適な生活ができるようにする。
*出来ることは自分で行い、生活や遊びの中で簡単なルールの大切さを知り守ろうとする。
*秋の自然を見たり、触れたり、戸外でのびのびと体を動かして遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【夏?? 秋??】

 涼しくなり、戸外ではトンボが飛び、それを追いかけまわっている子ども達。
季節が夏から秋へと移り変わっていることを説明し、もっとも身近な食べ物で「夏の食べ物は?」と尋ねるとトマト・オクラ・キュウリ等と次々出てきました。しかし、秋の食べ物は「ん~どんぐり?」となかなか出てこず栗やさつまいも・さんまなどがあることを知らせると食べたことあるとの声がたくさんあがりました。他にも秋には、葉っぱの色も変わることなども説明しましたが、まだ夏の草花や野菜がなっていたり、昼間は暑くて汗がでたりと、秋という季節がしっくりこないようです。季節は夏と秋が混じりあいながら少しずつ秋になっていくことを知らせ、これから本格的な秋を迎える今月、友達といろいろな秋を感じ、実際に体験を楽しんでいきたいです。

10月の目標

*気温の変化に応じて保健的で安全な環境をつくり、健康で快適に過ごせるようにする。
*ルールのある遊びやごっこ遊びを楽しむ中で、友達に思いを伝え、繋がりをひろげていく。
*身近な秋の自然に触れたり、収穫を楽しんだりしながら季節の変化や自然事象に興味・関心を持つ。

さくらぐみ【チャレンジ!】

 運動会ごっこを通して、達成感を感じ自信がついた子ども達。「やってみよう」「やってみたい」という声が良く聞かれます。今は運動遊びのなかでも、“跳び箱” “縄跳び”に夢中の子ども達。跳び箱は、手の力を使って体を前に押し出すことを練習し5段を跳べる子もいます。もう少しで跳べるという子も増えてきていますので、継続して行っていきます。また、縄跳びは普通に跳ぶだけではなく、あや跳び・交差跳びにも挑戦しています。1回とべると「もっと!もっと!」と練習をし「こうしたらいいよ」と子ども達同士で教えあう姿もみられています。その中で一人ができると「負けたくない!」という競争心から「私もできる!」と真剣な眼差しにかわります。子どもの自己肯定感を高めながら、今後も取り組んでいきたいと思います。

10月の目標

*気温の変化に応じた生活の仕方がわかり、快適に過ごせるようにする。
*収穫やクッキングを通して食への関心を高める。
*秋の自然に関心を持ち工夫しながらあそびを取り入れて楽しむ。