園児の広場

すみれぐみ【ペタペタ。プニュプニュ】

 先月は、ボディーペインティングやスライムつくりなど、いろいろな感触遊びを楽しみました。ボディーペインティングでは、初めは嫌がる子もいましたが保育者が一緒にしていくことで少しずつ慣れ、自分の身体につけたり、お友達とつけあったりしながら感触を楽しむことができました。スライムつくりでは、お手本を見るときから興味津々でした。好きな色を選びグルグル混ぜ完成すると「気持ちいい」「プニュプニュ」と感触を楽しんでいました。子ども達は実際に触れる・嗅ぐ・聞く・味わう・見るの五感を使い様々なことを吸収していきます。今後も五感を刺激しながら遊びを楽しみ好奇心を育てていきたいです。

9月の目標

*夏の疲れや室内外の気温差から体調の変化に留意し心身の疲れを癒す。
*友達と関わりながら、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

すみれぐみ【夏祭りたのしかったよ!】

 今年度の夏祭りはコロナウイルスのため子ども達だけで行いましたが、初めはちゃんとブースを回れるのかとても不安でした。しかし、年長児や学童児に手を引かれいろいろなブースを回り楽しむことができました。好奇心旺盛な子は、お兄さん・お姉さんを待てず一人で移動し、お兄さんたちが「どこに行ったかな?」と探す場面や逆にマイペースな子は、お兄さんたちが先に行ってしまい迷子になってしまうというハプニングなどもありました。でも、終了後は、「お兄ちゃんとゲームをしたよ。」「お姉ちゃんとお面を作ったよ。」と嬉しそうに報告してくれ楽しかった様子が伺えました。親子で楽しむということはできませんでしたが、異年齢児と関わることで「お兄さん・お姉さんてすごいな。」という気持ちや、年上の子の様子を見て模倣しながら経験し学ぶこともできました。今年は運動会のちびっこリレーにも参加するすみれ組さん。たくさんのお兄さん・おねえさんと仲良くなってほしいなと思っています。

8月の目標

*一人ひとりの健康状態を把握し、活動と休息のバランスをとりながら快適に過ごせるようにする。
*保育者や友達と季節の自然や生き物を見たり触れたりし、興味を持ち夏ならではの遊びを楽しむ。

すみれぐみ【歯磨きがんばるぞ!】

 歯科衛生週間の時、ばい菌退治ごっこや歯のイラストにペンで書かれた汚れを落としたりと、歯磨きに関した遊びを楽しみました。その時は、歯磨きをいつも以上にやる気を出し、張りきって磨いていました。しかし、顔を振って力任せに磨いたり、同じところをみがいたりとまだまだ難しいようです。園では、ブラシが見える持ち方を「こんにちは」、見えない持ち方を「さようなら」と、わかりやすい言葉で伝えながら歯磨きの仕方を知らせています。ご家庭でも親子で楽しい歯磨きタイムを作って、食後の歯磨きの習慣をつけて下さい。また、仕上げ磨きの際は、先日行ったカラーテスターから奥歯のかみ合わせや歯と歯の間、前歯が磨けていなかったところが多かったので意識して磨いてあげて下さい。力を入れすぎると歯茎を傷め、歯磨きを嫌がるようになるので注意しましょう。

7月の目標

*夏季の保健衛生に注意し、健康に過ごせるようにする。
*保育者や友達と関わりながら様々な素材に触れ、夏ならではの遊びを楽しむ。

すみれぐみ【スプーン上手に持てるかな?】

 給食が大好きな子ども達。スプーンをもって食べることも上手になってきました。しかし、まだ上手握りになったり、手づかみ食べをしている姿も見られますので、その都度声をかけたり、持ち方の手本を見せていきながら正しく持てるように知らせています。上手持ちから下手持ちへ、更に三本指で握れるようになると箸への移行がスムーズにできます。「箸の練習をしています」という声も聞かれてきていますので、園の方でも持ち方が安定したお子様からご家庭と相談しながら箸へと移行していきたいと思っています。箸への移行をスムーズにしていくためにも、スプーンの正しい持ち方を身に着けていきたいと思いますので、ご家庭でもご協力をお願い致します。

6月の目標

*梅雨時期の健康面や安全面に配慮しながら、一人一人が快適に過ごせるようにする。
*梅雨の時期を快適に過ごしながら、自然に興味や関心を持つ。

すみれぐみ【頑張っているよ!】

 進級して1か月がたち、新しい環境や保育者にも徐々に慣れきた子ども達。登園後は、自分で出席シールを貼ったり、健康カードをかごに入れたりと朝の片づけが少しずつできるようになってきています。また、降園の準備も保育者の見守りの中、自分で手拭きタオルや枕を袋に入れたり、お便り帳をリュックに片付けたりと身の回りのことに取組んでいます。時間はかかりますが、子ども達の「やってみよう」という気持ちを大切にしていきながら、一人で出来るところは手を出さずに見守り、子ども達の「できた!」を一緒に喜んでいきたいと思います。 

5月の目標

*保育者の援助を受けたり、やり方を知らせてもらいながら身の回りのことを自分でしようとする。
*保育者や友達と一緒に身近な自然を見たり触れたり、戸外でのびのびと体を動かして遊ぶことを楽しむ。

すみれぐみ【体をたくさん動かして遊びましょ】

 すみれ組の子ども達は、元気いっぱいで体を動かして遊ぶことが大好きです。また、おしゃべりも盛んで「〇〇くん、あそぼう。」などと、お友達とも仲良く過ごしています。すみれ組では、この一年戸外遊びや様々な運動遊具を使って体を動かしたり、手指を使った遊びをたくさん取り入れながら、運動機能の発達を促していきたいと思います。
また、2歳児は自我の芽生えが強くなり大人の一言一言に「イヤ!」を連発して、扱いにくくなり「魔の2歳児」とも言われるほどです。一人ひとりの気持ちをくみとりながら、ご家庭と一緒に子ども達の成長を育んでいきましょう。

4月の目標

*新しい環境や保育者に慣れて安心して過ごす。
*保育者や友達と一緒に好きな遊びを楽しむ。

すみれぐみ【縄跳び大会】

 先月、縄跳び大会がありました。進級したばかりの頃は、両足跳びも難しかった子ども達が、いろいろな遊びを経験することで、連続して跳んだり、高く跳んだりといろいろな跳び方ができるようになりました。そして、今回は歌に合わせて跳ぶことに挑戦!始めは、リズムに関係なく跳んでいましたが、歌いながら跳ぶタイミングを知らせていくことで、次第に自分でリズムをとって跳ぶことができるようになってきました。また、大会終了後は、お兄ちゃん達のように跳びたいということで、3歳児が行った保育士との二人跳びに挑戦すると、上手に跳べる子が数名いました。日頃のいろいろな体を使った遊びの積み重ねが、縄跳びの一人跳びや跳び箱、鉄棒遊びなどの基礎になります。これからも一人ひとりに合った体を使った遊びを楽しんでいきたいです。

3月の目標

*簡単な身のまわりのことを、促されたり見守られる中で、自分で行いできる喜びを感じる。
*いろいろな遊びの中で、自分の気持ちや思いを言葉で表現したり、友達や保育者と言葉のやり取りを楽しむ。

すみれぐみ【もうすぐたんぽぽ組!】

 階段をのぼったり、自分の箸やコップを使って給食を食べたりと、たんぽぽ組になる準備をしています。初めての階段に「怖~い」と言いながら一段一段足をそろえながら上る子もいれば、「高いね~」と言いながら嬉しそうに上る子といました。自分の箸やコップを使うことが嬉しくて保育者に「先生、みて!」「今日、お箸持ってきたよ」と知らせてくれる子や自分の箸を使うことで給食を頑張って食べる子もいます。子ども達は、たんぽぽ組になるという期待を持って、いろいろなことに挑戦しています。そして、一つお兄さん、お姉さんになることをとても楽しみにしています。今、持っている期待や意欲を大切にしながら、一人ひとりに会った関わりを行っていきたいと思います。

2月の目標

*簡単な身のまわりのことを、促されたり見守られる中で、自分で行いできる喜びを感じる。
*いろいろな遊びの中で、自分の気持ちや思いを言葉で表現したり、友達や保育者と言葉のやり取りを楽しむ。

すみれぐみ【外遊び大好き!!】

 子ども達は、外遊びが大好きで寒さにも負けず元気いっぱい遊んでいます。体をたくさん動かすことで脚力や腕の力もつき、機関車の丸太の階段を登れなかった子ども達が、自分の力で登ることができるようになりました。さらに、園庭の端から端までのかけっこも、春の頃は途中で「きつい!」と言って立ち止まっていた子が、保育者に負けないくらいに走っていきます。また、両足とびも高く跳んだり、前方に続けて跳んだりといろいろな跳び方ができるようになり、今月は揺れる縄を跳ぶことにも挑戦していきます。すみれ組になり運動面の発達がのびただけでなく、精神面でもあきらめないで頑張ろうとする気持が育ってきていることを嬉しく思います。

1月の目標

*冬の健康な生活の仕方を知らせてもらいながら自分で行い健康に過ごす。
*保育者や友達と見立て遊びをしたり、行事に参加することを楽しむ。

すみれぐみ【あつまれあつまれ】

 給食の時間、茶碗のあっちこっちにご飯粒がつき「せんせい、あつまれしてください。」「できん~。」と保育者に援助を求めることが多かった子ども達。ままごと遊びの時にいろいろな素材を使いながらスプーン・箸を使って集める経験ができる環境作りを行っていきました。特に箸に移行したばかりの子は、苦戦しているようです。しかし、日々の繰り返しで少しずつ「自分で」という意欲もでてきています。一人ひとりに応じて援助を行っていきながら「できた」という経験を自信に繋げていきたいです。最近では、保育者が上手に集められた子どもの茶碗をみんなに見せると、自分も!と競争心が湧き、「せんせい、見て!」ときれいになった茶碗を自信満々に見せてくれています。

12月の目標

*冬の健康な生活の仕方を知らせてもらいながら自分で行い健康に過ごす。
*保育者や友達と見立て遊びをしたり、行事に参加することを楽しむ。

すみれぐみ【お店屋さんごっこ楽しかったよ!】

 何日も前から楽しみにしていたお店屋さんごっこ!保育者と一緒に「どこのお店に行こうかな?」「何を買おうかな?」と考えていました。前日にクラスでお金の受け渡しの仕方やピンクと黄色のお金の違い、「これ下さい。」「ありがとう」の言葉のやりとりなどを練習することで期待をもつことができました。当日は、さくら組のお兄さん・お姉さん達と手を繋いで一緒にお買い物。自分で好きな物を選び、お金をちゃんと渡してお買い物をすることができました。「先生~、見て!」と、とても嬉しそうに見せてくれる姿がとてもかわいかったです。終了後、お兄さん・お姉さんがしていたお店屋さんに興味を持ち、おもちゃなどを並べて「いらしゃいませ。」とお友達と楽しく遊んでいる姿も見受けられます。

11月の目標

*気温の変化や体調に留意し、健康的に過ごせるようにする。
*保育者や友達と簡単な言葉のやりとりやごっこ遊びを楽しむ。

すみれぐみ【老人ホームに慰問に行ってきました】

 年長さんと老人ホームに慰問に行きました。保育園バスに乗り、バスの中で目をキラキラさせて「楽しい!」と連呼する子ども達…ホームでは「手のひらを太陽に」の体操をしたり、秋の歌「とんぼのめがね」と「どんぐりころころ」を歌いたくさんの拍手をいただきました。その後、手遊び「やきいもグーチーパー」「幸せなら手をたたこう」では、おじいさん・おばあさんたちとじゃんけんをしたり、手をあわせたり、握手などをして触れ合いました。最初は緊張している子もいましたが、少しずつ慣れると笑顔もでてきた子ども達。これからも、いろいろな人との触れあいを大切にしていきたいと思います。

10月の目標

*季節の変化や朝晩の気温差に留意し、健康的に過ごせるようにする。
*体を動かしたり、戸外出かけどんぐりや落ち葉などに触れながら秋の自然に興味をもつ。