園児の広場

さくらぐみ【どんなお店屋さんがあるかな?】

 楽しみにしているお店屋さんごっこ。どのお店屋さんになるか決めたり、商品作りをしたりと着々と準備に取り掛かっている子ども達!そんな中、子ども達とどんなお店があるのか考えていきました。答えの中で一番多かったのが「イオン!」「まるたか!」などのお店の名前でした。お店の種類となるとなかなか出てこず、やっと「パン屋さん」「お花屋さん」と答えが返ってきました。保育者が「文房具屋さんでは何が売ってあるでしょうか?」と尋ねたところ「ぶ・ん・ぼ・う・ぐ??」とクエスチョンマークでした。最近は、一つのお店にいろいろな商品が売ってあり、お店の種類と言ってもピンとこないようです。それでも、このコーナーは「八百屋」・「魚屋」・「電気屋」・「洋服屋」などと知らせていくことは必要なことです。お買物に出かけられたときに、親子でここは何屋さんかなと考える機会なども作ってみて下さい。

10月の目標

*気温の変化に応じた生活の仕方がわかり、快適に過ごせるようにする。
*友達と共通の目的を持ち、協力しながら活動を進めていく楽しさを味わう。
*秋の自然に関心を持ち、工夫しながら遊びに取り入れて楽しむ。

さくらぐみ【平和な世界】

 8月9日の長崎原爆の日は、長崎に住む私たちが決して忘れてはいけない日です。子ども達に「平和」について知らせることは難しいことですが、写真や絵本などを通して話をすると、みんな真剣な顔で聞いていました。「アメリカと日本が喧嘩してたの?」「爆弾が落ちてきたら怖いな。」「たくさんの人が死んでかわいそう。」などと、さまざまな声が聞かれました。また、家庭でも話をした子もいて、少しでも興味をもってもらうことができ嬉しく思っています。子ども達の会話の中に「友達と喧嘩することも戦争だよね。」という声がありましたが、相手の気持ちを知ったり、受けとめたりしながら友達と仲良くしていくことが、平和教育の第一歩ではないでしょうか。

9月の目標

*適切な運動と休息の必要性を知り、健康衛生に留意して生活する。
*友達と一緒に目標に向かって頑張り、達成感を・満足感を味わう。
*身近な自然に関心を持ち、季節の変化に気づく。

さくらぐみ【自然災害】

 先月、雨の日の散歩を行いました。事前に傘をさすとき等の約束をし、水たまりにはいったり傘をくるくる回して雫を飛ばしたりして楽しみました。中には、園庭にできた川のような筋を見つけたり、遊具についた水滴が落ちないこと等に驚いたり不思議に思う子もいました。
ちょうどその頃、静岡県で雨が降り続き土砂崩れがおきたニュースを子ども達も見ていたようで、「土と一緒にたくさんの家が流されていたよ。」「怖かった。」等いろいろな声が聞かれました。雨(水)は、人や動物が生きていくために、また植物もの成長にも水が必要なことはわかっていましたが、今回のニュースで
雨(水)の怖さを子ども達になり感じていました。昨年は大村でも大雨で河川が決壊したことや今からくる台風などについても、子ども達と一緒に考えていきたいと思います。ご家庭でもいろいろな災害や防災(避難)に考えてみて下さい。

8月の目標

*夏期の健康な過ごし方がわかり、快適に過ごす。
*友達と協力したり、競い合うことを楽しむ中で思いっきり体を動かす。
*夏の自然事象に関心を持ち、夏ならではのダイナミックな遊びを楽しむ。

さくらぐみ【虫の命】

 今月はカブトムシやヤドカリ、カニ、カエルなどいろいろな生き物を家庭から持ってきてもらい、子ども達は喜んで観察していました。その中で、残念ながら命を落としてしまう生き物もいて、子ども達とお墓を作って、命について考える時間をつくりました。虫が大好きで、むやみに触ったり我先に見ようと虫かごを乱暴に扱ってしまったりと虫にストレスを与えてしまったことも原因のようです。みんなで観察の仕方を考え、今飼育しているカブトムシに交代で餌をあげたり、水をあげたりとお世話をしようと決めました。今後も虫に限らず、あらゆるものの命の大切さについて機会をとらえ知らせていきたいと思います。

7月の目標

*夏期の健康・安全な過ごし方を知り自ら行う。
*夏ならではの遊びを楽しむ中で、全身を動かして遊ぶ事を楽しむ。
*友達と協力しながら、一つのことに向かって頑張ることに喜びを感じる。

さくらぐみ【ごみのない街】

 近頃耳にするSDGs(持続可能な開発目標)という言葉。世界中では、貧困、人種差別、温暖化などいろいろな問題があります。これは国単位で取り組み解決できるものではなく、今の時代を生きる世界中の人々が努力して問題を解決していこうといものです。大きなことはできなくても、子ども達と一緒に少しでも何かできることはないかということで、今回、身近にある「ゴミ問題」について考える機会をつくりました。まず分別ということで、身近にあるものがどんな材質でできているか考えて探しっこをしました。「木のものは?」「「プラスチックは?」「鉄は?」と、部屋中を探して集めました。木や布の材質はわかりやすかったのですが、鉄やプラスチックは難しく保育者に聞いてくることが多かったです。また、絵本の読み聞かせではゴミをたくさん燃やすと空気が汚れること知り、話し合いの中では、「物を大切にする。」「無駄遣いをしない。」等の意見がでました。毎年行っているニコニコ運動の一環としているゴミ拾いでは、今回考えたことを意識しながら行うことができればと思います。

6月の目標

*梅雨期の過ごし方を知り、衛生習慣を身につける。
*梅雨期の自然事象や動植物に興味・関心を持って関わる。
*自分の考えや思いを出し合いながら遊び、友達や異年齢児との繋がりを広げる。

さくらぐみ【春の虫、見~つけた!】

 園庭にはタンポポやダンゴムシ、テントウムシ等春の花や虫がいっぱいのこの季節。子ども達と『虫メガネ』を使って、ダンゴムシやテントウムシなどの観察をしました。「わっ~!大きく見える。」と言いながら今まで、気づかなかった細かいところまで観察ができ、体の模様や足の本数などを数え新しい発見をすることができました。部屋に戻ってからは、アリの生活を図鑑で調べアリが生活する巣では、いろいろなお部屋があることなどを知り更に虫への関心が高まったようです。これから暖かくなると、いろいろな草花や生き物が顔をだすようになってくるので、みんなで観察したり調べたりしながら、子ども達の新しい発見を一緒に喜び合っていきたいと思います。

5月の目標

*生活の仕方がわかり、身の回りのことを積極的にしようとする。
*戸外や散歩など、十分に体を動かして遊ぶことを楽しむ。
*身近な自然や生き物に触れることを喜び、興味・関心を持つ。

さくらぐみ【遊びこめる子】

 さくら組の子ども達は活動的ですが、落ち着きがなく、興味がないと途中で投げだしてしまう子どもの姿が見受けられます。一つのことに打ち込めるように、今年度のさくら組は『遊び込める子』を目標に取り組んでいきます。戸外では鬼ごっこやサッカーなど体を動かして思いっきり遊び、室内ではお絵かきや制作・カード遊びなど座ってできる遊びを行い、静と動の両方の遊びが十分楽しめるような環境と時間をつくっていきたいと思います。その遊びの中で、『自ら考えて行動する力』『やり通す力』や友達と一緒に考え取り組むことで『協調性』なども育てていけるよう関わっていきます。また、自分が得意なことだけではなく、苦手な事にも応援を受けたり、友達と一緒に挑戦することができるよう促していきたいです。

4月の目標

*新しい環境になれ生活の流れを知り、出来ることは自分でする。
*進級したことを喜び、新しい保育士や友達と好きな遊びを楽しむ。
*身近な春の自然に興味・関心を持つ。

さくらぐみ【いつまでも友達】

 現在、お昼寝をしないで、その時間を戸外では鬼ごっこ・ゾンビごっこなど体を動かす遊びや貝殻や花を見つけてままごと遊びを、室内ではカードを使った文字遊びやおはじきを使った数遊びを友達と楽しんでいます。遊び疲れて夕方近くになると「眠い。」と言う子もいますが、遊んでいる時の子ども達の一人一人の表情は、生き生きし頼もしささえ感じられます。最近、子ども達の会話の中で、「○○ちゃんは△小学校だね。」等という言葉をよく耳にします。子ども達なりに少しずつお友達とのお別れが近づいていることを感じているようです。赤ちゃんの頃から共に育った友達。楽しかったこと、嬉しかったこと、悲しかったことなどたくさんのことを一緒に経験してきた仲間。いつまでもよい友達でいてほしいと思います。そして、学校という今までより広い社会でも、一緒に笑い悲しみを分かちあえるような友達を作ってほしいと願っています。

3月の目標

*生活に必要な習慣や態度を身につけ、自信を持って生活する。
*たくさんの人との出会いに感謝しながら、充実した園生活を送る。
*感じたことや経験したことを文章や言葉で表現する。

さくらぐみ【お正月遊び】

 先月は、カルタ、羽根つき、凧揚げなどのお正月遊びを楽しみました。中でもカルタとりは盛り上がり、遊びを通して文字への興味・関心をもつことができました。単に文字を知らせてもらって覚えるのでは、なかなか
興味をもつことができず苦痛にさえ感じる子もいます。しかし、遊びの中からだと『楽しい』と興味を持ち、『もっと知りたい』『してみたい』と関心につながります。実際、遊びの中で読むことに自信がない子が絵を見て確認したり、「これ、何て読むの?」と聞いたりしている姿も見られました。読めるようになると『書きたい』と思うようになり自己流でどんどん文字を書いて楽しみます。間違って覚えてしまうと直りにくいので文字は「上、左、横」から先に書くこと知らせています。

2月の目標

*冬の健康な過ごし方がわかり、自ら気をつけて生活しようとする。
*一つの目的に向かって互いに協力したり、認め合ったりする中で仲間意識を深めていく。
*身近な冬の自然事象に自ら関わり、考えたり調べたりしながら関心を高める。

さくらぐみ【小学校のお兄さん・お姉さんからのプレゼント】

 今年はコロナ渦の為小学校との交流はできませんでしたが、先日西大村小学校一年生のお兄さん、お姉さんから自然物で作ったケン玉や的投げの手作りおもちゃと小学校の様子を紹介したポスターのプレゼントをいただきました。早速ポスターを広げてみたり、おもちゃで遊んで楽しみました。特にポスターは学校行事や、教科、教室の紹介等がかいてあり、初めての不思議がいっぱいな小学校について、一つひとつ紹介文を読み、「これ何?」「こんなことするの?」「楽しそう!早くしたい!」と期待に胸を膨らませる姿が見られました。小学校への期待が高まっていますので、さらに期待が膨らむよう話をしていきながら、小学校での流れ、約束なども少しずつ知らせていきたいと思います。

1月の目標

*冬の生活習慣が身に付き、健康に過ごす。
*冬の自然事象や伝承遊びに興味・関心を持つ。
*仲間意識を高めていきながら、友達と一つの目標に向かって頑張ろうとする。

さくらぐみ【こどものウソ】

 こどものウソで注意が必要なウソがありますが、現在さくら組では、『自己防衛のためのウソ』が増えています。玩具を壊したことを人のせいにしたり、喧嘩の時自分に都合がいいように言い、友達と意見が食い違い中々問題解決ができなかったりすることがあります。一つウソをつくと、それを隠すためにさらなるウソを重ねるようになるので園では、『ウソをつくと、後で自分が困ること』『周りの人が嫌な思いをすること』『正直に話すことの大切さ』を常に知らせています。厳しく叱ってばかりいると、叱られないためにウソをつくことに繋がるので子どもの声に耳を傾け、自分の気持ちを素直に話せる環境をつくっていきたいと思います。

12月の目標

*病気の予防や衣服の調節など冬の健康に必要な生活習慣を身につける。
*友達と共に一つの目標に向かって、協力したり取り組む楽しさや達成感を味わう。
*冬の身近な自然や社会事象に興味・関心を持つ。

さくらぐみ【なりきりごっこ】

 今月は勤労感謝の日があるので、いろいろな仕事に興味が持てるようにお父さん・お母さんのお仕事の洋服や小物を使ってなりきりごっこをしました。とても喜び、まだ大きい大人の仕事服に「大きいな~」「こんなの使っているのか。すごいな~」と親の偉大さを感じていました。また、今まで知らなかった仕事を知ったり、仕事の内容をみんなで考えたりすることもできました。世の中にはたくさんの仕事があることを知らせることで、将来の夢もプリキュアや仮面ライダーから「薬剤師」「ペット屋さん」「学校の先生」などと変化も見られました。今回の遊びを通して、社会のため、家族のために働いているお父さん・お母さんへ感謝の気持ちを持つことができました。

11月の目標

*気温の差を感じ必要な生活習慣を身につけ自ら行っていく。
*季節の変化に気づき自然事象に興味・関心を持つ。
*共通目的や目標をもって遊びを工夫しながら、遊びの内容を自分で考えていく。