園児の広場

つぼみぐみ【遊びの広場】

 一生のうちで最も著しい発達が見られるのが0歳児です。運動能力や視力・聴力などの身体的な発達はもちろん、感覚や感情表現、好奇心などもどんどん広がっていく大切な時期です。発達していく身体機能を使って遊ぶことで、体の動かし方を徐々に覚えてきます。また、旺盛な好奇心を満たす遊びを十分に行うことで、心の発達にもつながります。子ども達の中に育ちつつある力を伸ばし、様々な体験の中で多くの発見をしながら、この一年心も体も健やかに成長していけるような、遊びを一緒に楽しんでいきたいです。

4月の目標

*園の環境に慣れ、一人一人のリズムで安心して過ごせるようにする。
*保育者と一緒に、好きな遊びやふれあい遊びを楽しむ。

ももぐみ【元気に体を動かそう!】

 子ども達のほとんどの子が歩けるようになっていますが、まだまだ不安定な子もいます。よじ登ったり、這ったりすることなどの動きを取り入れながら、しっかりとした歩行ができるようにしていきたいです。また、身近ないろいろなものに興味を持つ時期でもあるので、戸外や室内で探索活動を楽しみながら、歩行だけではなく、走る、跳ぶ、しゃがむなどの全身を運動も遊びの中に積極的に取り入れ、運動機能の基礎を作っていきたいと思っています。

4月の目標

*一人ひとりの生活リズムを大切にし、新しい環境に慣れ安心して過ごせるようにする。
*保育者との安心できる関わりの中で好きな遊びをみつけたり、春の自然に触れることを楽しむ。

すみれぐみ【身のまわりのことができるように!】

 2歳児の目標は、簡単な身のまわりのことを自分で、あるいは保育者と一緒に出来るようにしていきたいと思っています。この時期の子ども達は、いろいろなことに興味をもち、身のまわりのことを自分でもしたい気持ちがでてきますが、まだ上手くできことも多いです。保育者がさりげなく介助しながら自分で出来たという喜びを味合わせたり、出来なくて甘えようとする気持ちも受けとめながら一緒に行いながら取り組んでいきたいです。また、自我が育ち、自己主張が強くなり、思い通りにならないと反抗する態度もみられます。ゆとりを持って一人ひとりの思いを受けとめながら関わっていきたいと思います。

4月の目標

*新しい環境や保育者に慣れて安心して過ごす。
*保育者とや友達と一緒に好きな遊びを楽しむ。

たんぽぽぐみ【「やってみたいな~」】

 3歳児は、様々な運動能力が発達する時期なので、戸外遊びの充実を図っていきたいと思っています。天気がいい日は園庭に出て、のびのびと体を動かし、歩く・走る・跳ぶ・投げるなどの基本的な運動能力を伸ばしていきたいです。また、戸外で十分に体を動かして遊ぶことで部屋での活動にも集中出来るので、静と動、集中と発散とめりはりをつけた活動を行っていきます。また、いろいろな運動遊具や用具を使い十分に体を動かしたり、簡単なルールのある遊び、集団遊びなども取り入れ、子ども達が「楽しい!」「やってみたい!」と意欲をもって取り組んだり、達成感が味わえるような関わりをしていきたいと思います。

4月の目標

*一人ひとりの気持ちを受けとめ、安心して過ごせるようにする。
*新しい環境に慣れ、生活の流れや仕方を知っていく。
*春の自然に触れながら、保育士や友達と一緒に好きな遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【友達と一緒に健康な身体作り】

 一年間の取り組みとして、戸外遊びを多く取り入れ、健康な体作りをします。全身の運動能力のバランスがとれるようになるので、様々な運動遊具を使った遊びや自主的に目標に楽しく挑戦できるような環境を作り、縄遊びや鉄棒遊びを充実させていきます。
また、個々の興味のある遊びを取り入れることも大切にしながら、集団で遊ぶ楽しさを味わせていきたいです。わらべ歌遊びや歌遊びなどの様々な遊びを行う中で仲間意識や友達と一緒に行動することの楽しさ、相手の気持ちを感じることができるようになってくれればと思っています。

4月の目標

*新しい保育士や環境に慣れ、生活の仕方を理解し、身の回りの事を自分でしようとする意欲を持ち安心して過ごせるようにする。
*身近な春の動植物に触れながら保育者や友達と好きな遊びを楽しむ。

さくらぐみ【豊かな言葉の育ち】

 話し言葉など言葉数が増え、表現が豊かになってきました。ほとんど大人と変わらないように話す子ども達ですが、まだまだ知らない言葉も多く、たくさんの言葉を吸収する時期です。一つの言葉を獲得するためには、まずそれが何かを知ること、経験することがとても大切になってきます。この一年を通して様々な経験をしながら、たくさんの言葉を吸収していってほしいと思います。そして、いろいろな絵本や童話などに触れ、言葉のおもしろさや美しさ、日本語ならではの言葉遊びなどを楽しみ、正しい言葉で話せるようにしていきたいです。そのためには、保育者も手本となり、正しい言葉や様々な表現で子ども達と接していしたいと思います。

4月の目標

*新しい環境になれ生活の流れを知り、出来ることは自分でする。
*進級したことを喜び、新しい保育士や友達と好きな遊びを楽しむ。
*身近な春の自然に興味・関心を持つ。