園児の広場

つぼみぐみ【まねっこ楽しいな】

 近頃の子ども達のブームは『まねっこ』です。手遊びが大好きで保育士の動きを見ながら、手足や体を動かす姿はとてもかわいいです。最近のお気に入りの手遊びは♪アンパンマン♪です。月齢が低い子も保育士と一緒に動かしたり、歌に合わせて体を動かしています。また、月齢の高い子は、クラスの友達に少しずつ興味を持ち始め、一人が床を叩けば真似して叩き、声を上げて笑えば呼応するかのように他の子も笑い出します。みんなで集まって「ワハハ~!」と笑い合う様子はまるで『愉快な仲間たち』で微笑ましいです。少しずつ広がっていく人との関わりを温かく見守っていきたいです。

8月の目標

*一人ひとりの健康状態を把握しながら、ゆったりと快適に過ごせるようにする。
*保育士と一緒に夏の自然に触れたり、個々に合わせたダイナミックな遊びを楽しむ。

ももぐみ【プール遊び】

 子ども達はプール遊びが楽しみで、プールの準備を窓にはりついて眺めていたり、保育者に「プール?」「プールすると?」と聞いてきます。「今日はプールだよ。」と保育者が言うと「プールする!」と嬉しそうです。去年はプールが怖くて泣いていた子も、今年は怖がることなく楽しんで遊ぶことができています。中には自分で頭や顔に水をかけて喜んでいる子もいるほどです。じょうろで水をまいたり、保育者かけるシャワーを浴びて喜んだり、思い思いの遊びを楽しんでいる子ども達です。まだ慣れていない子ども達も、小さめのプールに体をつけてプール玩具で楽しんでいます。
また、給食後の沐浴も「シャワシャワ」「あわわ(泡)」と喜び、体がきれいになった後は気持ちよくお昼寝もできています。

8月の目標

*夏期の保健衛生に留意し、環境を整え快適に過ごせるようにする。
*夏ならではの素材、自然現象に触れ、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

すみれぐみ【お着替え自分でできるよ!】

 水遊び、沐浴をするようになり、自分で着替えを出したり、袋に汚れものを入れたりするようになりました。最初は、何をだしたらいいかわからず、着替えを出し過ぎたり、足りなかったりしていましたが、少しずつ間違いも少なくなりました。
着替えは、今まで脱げていた子も、汗で脱ぎにくく悪戦苦闘!!見守ったり、さりげなく手伝いながら、自分でしようとする意欲を大切にしています。また、最初から「して~」「できん」と甘えてくる子もいます。甘えたい気持ちを受け入れながらも、励ましたり、少しでも自分でできたことを誉めることで自信につなげていきたいと思っています。ご家庭でも、子ども達の小さい「できる」を見つけ成長につなげて下さい。

8月の目標

*健康面に留意し、こまめに休息をとりながら、快適に過ごせるようにする。
*保育者や友達と一緒に体をのびのびと動かして、夏らしい遊びを楽しむ。

たんぽぽぐみ【おかあさん、あのね…】

 先日、ある保護者の方との話の中で、「お兄ちゃんの宿題をきっかけに、平日はテレビをつけないようにしました。」という声がありました。最初の頃はテレビを見たがっていたようですが、すぐにテレビがない生活に慣れ、テレビがないことで親子の会話がとても増えたそうです。そして、帰ってくるなり絵本を取り出して絵を見ながら自分でストーリーをつくってお話ししたり、お絵かきをするなど、今まであまりしていなかった子どもの新たな一面が見られるようになったそうです。
忙しいと静かにしてくれるからと、ついテレビなどに頼りがちになってしまいます。少しでもテレビの時間を短くして親子の会話を楽しまれてみて下さい。

8月の目標

*暑い夏の健康・安全・清潔に留意し、快適に過ごせるようにする。
*夏の生活の仕方を身につけ、簡単な身の回りのことを自分で行っていく。
*保育者や友達と一緒に夏の開放的な遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【プランターでお米作り】

 雨のため田植えができず残念がっていた子ども達。そこで、プランターに土を入れ水をはった『小さな田んぼ』に苗を植えました。芋苗と違って、水がはってドロドロの土に植え付けるのは難しく、苗が浮いて
しまう子もいました。プランターは観察しやすいようにテラスに置くことで、日々成長していく様子に「大きくなっとる。」と喜んでいます。これから成長していく稲をみんなで見守っていくとともに、さくら組が田んぼに植えたものを散歩の際に観察したり、自分達の稲と較べたりしていきたいと思います。
そして、自分たちが毎日食べている米が、どのようにしてできるのかを一つ一つ体験しながら知らせ食育にも繋げていきます。

8月の目標

*汗をかいたら衣服を着替えるなど、自分で気づき身の回りの始末を丁寧に行おうとする。
*十分な水分補給、休息をとっていく。
*夏ならではの遊びに進んで取り組み、開放感のなか体を動かし思いっきり遊ぶ。

さくらぐみ【クッキング楽しいな】

 クッキングが始まり、これまでに梅干し作りやクッキー作りを楽しみました。梅干し作りは作り始めてから、どんどん変化していく梅の実の姿に興味津々の子ども達で「しわしわなってきた。」「赤く染まってる。」と驚きの連続でした。まだ食べられるようになるまでには、干す作業が残っているため、梅干し一つ作るためには、これだけの時間と手間がかかることに気づき、食べる頃には感謝の気持ちを持ってくれると嬉しいです。
また、クッキー作りでは初めて試食もあり、みんなが大好きなクッキーとあってドキドキわくわくで取り組みました。自分の顔の形に生地を形作り、粘土の要領で髪の毛や目など細かい部分まで丁寧に仕上げることができました。焼き上がると食べるのをもったいなそうにしながらも「おいしい」と言い合いながら、みんなで仲良くいただきました。

8月の目標

*夏期の健康な過ごし方がわかり、快適に過ごす。
*友達と協力したり、競い合うことを楽しむ中で思いきり体を動かす。
*夏の自然事象に関心を持ち、夏ならではの遊びをダイナミックに楽しむ。