園児の広場

つぼみぐみ【おはなし大好き】

 絵本の貸し出しを行うようになり、お家の方でも楽しんでもらえているようです。最近は、お話の歌をうたうと集まってくるようになり、どんなお話が始まるのか落ち着かない様子で待っています。お話の中にでてくる擬音や繰り返しの言葉に反応し真似て言おうとする姿も見られます。また、友達の名前を覚え、保育者が呼んでいると「○○ちゃん」と真似て言うこともあります。昨日、言えなくても翌日には言えるようになっていたり、驚かされることもあります。お集まり時の手遊びにも興味を持ち、部分的に振りや歌をまねて楽しんでいます。「ビヨ~ン」「ポロ」「ズル」などが入っている手遊びはとてもお気に入りです。その部分だけ笑ったり、大きな声を出して喜んでいます。これからも、おはなしや手遊びを楽しんでいきたいです。 

1月の目標

*生活リズムを整え、寒い時期を健康に過ごす。
*伝承遊びを保育者や友達と一緒に楽しむ。

ももぐみ【サンタさんになったよ】

 先月は、クリスマスにちなんだ遊びをしました。サンタクロースが大好きな子ども達は、毎日のようにキラキラした目でプレゼントことや「サンタさんくる?」等と話をしていました。プレゼント運びの遊びではサンタの帽子やトナカイのカチューシャをつけてなりきり、お友達とペアになってそりに見立てた箱車を引いたりプレゼントを渡し、少しだけサンタさんの気分も味わいました。また、そりを引くときには、お友達のペースに合わせるなど、お友達を思いやる場面も見られました。今後も季節や行事の遊びを行う中で、お友達同士の関りも大切にしていきたいと思います。

1月の目標

*感染症に留意し、手洗いを十分に行いながら健康に過ごせるようにする。
*友達と共感する喜びを感じながら伝承遊びを楽しむ。

すみれぐみ【外遊び大好き!!】

 子ども達は、外遊びが大好きで寒さにも負けず元気いっぱい遊んでいます。体をたくさん動かすことで脚力や腕の力もつき、機関車の丸太の階段を登れなかった子ども達が、自分の力で登ることができるようになりました。さらに、園庭の端から端までのかけっこも、春の頃は途中で「きつい!」と言って立ち止まっていた子が、保育者に負けないくらいに走っていきます。また、両足とびも高く跳んだり、前方に続けて跳んだりといろいろな跳び方ができるようになり、今月は揺れる縄を跳ぶことにも挑戦していきます。すみれ組になり運動面の発達がのびただけでなく、精神面でもあきらめないで頑張ろうとする気持が育ってきていることを嬉しく思います。

1月の目標

*冬の健康な生活の仕方を知らせてもらいながら自分で行い健康に過ごす。
*保育者や友達と見立て遊びをしたり、行事に参加することを楽しむ。

たんぽぽぐみ【折り紙で何ができるかな?】

 手指遊びの一環として、折り紙遊びを取り入れています。12月は、クリスマスということで、サンタクロースやトナカイ、鈴を折り紙で折りました。指先が器用になり、折ったところを押さえながら折り目をつけたり、折線に合わせて折ることも上手になってきました。「せんせい、わからない。」「して~。」と、言っていた子も保育者の声かけや介助により自分で完成させる喜びを味わうことができました。そして、折り紙の楽しさを感じられるようになると、ちょっと難しい折り方も「こうかな?」と、真剣な表情で折り進める姿が見られます。折った折り紙を部屋に飾ると「これ○○が折ったのだ!」等と言って、友達と楽しそうに見ていました。
ご家庭でもお子様と一緒に折り紙遊びを楽しんでみてはいかがですか。

1月の目標

*冬の衛生や環境に留意しながら、一人ひとりが快適に過ごせるようにしていく。
*伝統的な行事や遊びに興味を持ち、友達や異年齢児と一緒に遊びを楽しむ。
*冬ならではの自然事象を見たり触れたりしながら興味・関心を持つ。

ゆりぐみ【ことば遊び】

 最近、よく数人集まってしりとりをしている姿が見られます。遊び方が良くわからず、言葉の最後に「ん」がついたりしていましたが、繰り返すうちに、たくさんの言葉を見つけ、長く続けることもできるようになりました。また、遊びの中で以前は人気がなかった絵本が、今は「絵本がいい~」と言う子が増えました。「読みますよ!」と保育者の真似をして、知っている文字の拾い読みをしている様子はとてもかわいいです。しかし、文字への興味は、個人差があるので、生活や遊びの中でいろいろな言葉遊びを楽しみながら少しずつ触れさせていきたいです。今月は、カルタ等伝承遊びを行っていき、絵札の右上にある文字にも少しずつ興味を持たせていけたらと思っています。

1月の目標

*冬の健康・安全に留意し、快適委に過ごせるようにする。
*冬の自然事象に興味・関心を持ち、戸外でも寒さに負けずに元気に遊ぶ。
*日本ならではの行事や遊びに興味・関心を持ち楽しむ。

さくらぐみ【最後の発表会を終えて】

 発表会は、お忙しい中ご観覧いただきありがとうございました。さくら組にとっては、保育園最後の発表会ということで今まで以上に張り切り、子ども達自身から「踊りをしたい。」「楽器をしたい。」と催促する程でした。しかし、最初から楽しくスムーズに出来たわけではなく、時には楽器で「上手くできない」と、出来ない自分が悔しくて涙することもありました。そういう時は、友達の励ましや頑張る姿から勇気をもらい取り組むことができました。表会を通して、一人ひとりの頑張りはもちろんですが、友達と一緒に何かを最後までやり遂げることの大切さや喜びも感じ取ったようです。残り少ない園生活を更に友達との関わりが深められるように関わっていきたいと思います。

1月の目標

*冬の生活習慣が身につき健康に過ごす。
*冬の自然事象、社会事象、伝承遊びに興味・関心を持つ。
*仲間意識を高めていきながら、友達と一つの目標に向かって頑張ろうとする。