園児の広場

つぼみぐみ【トイレでしーっ】

 トイレトレーニングを始めた当初は、便器に座ることを嫌がっていた子ども達ですが、今では慣れて座れるようになりました。また、成功もたくさん見られるようになり、「でたね!」「上手!」の声掛けに喜んで、その姿を見た他の子が自分も褒めて!というように「し~し~」と言いながらトイレに来て、トイレの時間も楽しそうです。なかには、オムツに排尿をした際、自分のカバンを取りに行って不快感を知らせたりする子もいます。このような子ども達の表情や仕草のサインを見逃さずにトレーニング進めていきたいと思います。

12月の目標

*感染症に留意し、一人ひとりの健康状態を把握しながら丈夫な体を作る。
*冬の自然に親しみながら、保育者と一緒に季節の遊びや行事を楽しむ。

ももぐみ【秋の宝石であーそぼっ!】

 秋は、どんぐりやまつぼっくりに触れて楽しく遊びました。どんぐり拾いでは、夢中になって拾い、手作りバックから溢れてしまうほどたくさんのどんぐりを集めていました。まつぼっくりは、松かさが開いたり閉じたりする様子を興味津々で前のめりになって見つめる姿が印象的でした。歌をうたったり実物を見たり触れたりすることで、より興味が湧いて遊びにも意欲的な子ども達でした。今後も様々な自然に触れる機会をつくり、「なんだろう?」という好奇心の目を育んでいきたいと思います。

12月の目標

*保育者に見守られながら簡単な身の回りのことを自分で行おうとする。
*様々な言葉を知らせてもらいながら、保育者や友達と簡単なやりとりを楽しむ。

すみれぐみ【おむすびころりん】

 絵本や紙芝居を見るのが大好きなすみれ組さん!その中から「おむすびころりん」のお話を選び劇ごっこをしました。おじいさんとねずみに分かれて行ったのですが、ねずみ役は「おむすびころりんすっとんとんチュー♪」と楽しいリズムですぐに覚えることができ劇以外の時間にもお友達と一緒に歌って楽しんでいる子もいました。おじいさん役は人数が少なかったので恥ずかしがって言えない子もいましたが、自分たちで作ったおにぎりを持ち嬉しそうに参加していました。聞くだけの話と違って、お友達と一緒に役になりきって動いたりセリフを言ったりして表現する楽しさを味わうことができました。

12月の目標

*冬の健康な生活を知り、自分で行いながら元気に過ごす。
*保育者や友達と見立て遊びをしたり、行事に参加することを楽しむ。

たんぽぽぐみ【カスタネット楽しいね】

 歌をうたうことが大好きな子ども達。振りをつけたり、手拍子をしながら歌ったり、楽器を歌に合わせて鳴らしたりして楽しんでいます。特にカスタネットを使っての基本的なリズムうち遊びは、定期的に取り入れることで、カスタネットをつけるのがやっとだった子ども達が、少しずつ保育者の打つリズムを模倣して、リズムを刻んだり、休符の入ったリズムもとることができるようになってきました。中には苦手な子もいますが、頭の上やお尻でたたいたりすることで楽しんで行っています。今では、ちょっぴり難しいリズムや分担奏にも挑戦しています。

12月の目標

*冬の衛生管理に留意し、一人ひとりが健康で快適に過ごせるようにする。
*冬の生活の仕方を知り、身の回りのことを自分でしようとする。
*年末・年始の社会事象や冬の自然事象に興味を持つ。

ゆりぐみ【精米に行ってきたよ!】

 稲刈り・脱穀・もみすりを終えた玄米をもって精米に行きました。玄米と精米後の米を見て色の違いに気づき
「茶色から白になった~!」と驚いていた子ども達。調理の先生からは、お米の一粒の中には、神様が7人いることを聞き、ご飯を一粒も残さないように食べようねと約束しました。その後、お弁当箱のご飯を一粒も残さず食べる子が増え、「お弁当箱ピッカピカだよ!」「お米の中には神様が7人いるからきれいに食べないとね。」などと話す姿が見られました。収穫だけでなく、苗を植えて米になるまでの過程に携われたことで“食”に対する意識も変わった子ども達でした。

12月の目標

*寒さや活動に応じて、室内環境や衣服調節などに配慮し、健康に過ごせるようにする。
*自分の思いや考えを伝えあい、共感しながら友達と一緒に表現することを楽しむ。
*季節の変化に興味・関心を持ち、冬の訪れを知る。

さくらぐみ【こどものウソ】

 こどものウソで注意が必要なウソがありますが、現在さくら組では、『自己防衛のためのウソ』が増えています。玩具を壊したことを人のせいにしたり、喧嘩の時自分に都合がいいように言い、友達と意見が食い違い中々問題解決ができなかったりすることがあります。一つウソをつくと、それを隠すためにさらなるウソを重ねるようになるので園では、『ウソをつくと、後で自分が困ること』『周りの人が嫌な思いをすること』『正直に話すことの大切さ』を常に知らせています。厳しく叱ってばかりいると、叱られないためにウソをつくことに繋がるので子どもの声に耳を傾け、自分の気持ちを素直に話せる環境をつくっていきたいと思います。

12月の目標

*病気の予防や衣服の調節など冬の健康に必要な生活習慣を身につける。
*友達と共に一つの目標に向かって、協力したり取り組む楽しさや達成感を味わう。
*冬の身近な自然や社会事象に興味・関心を持つ。