園児の広場

つぼみぐみ【お話できるよ】 

 絵本の貸し出しにより、ご家庭で読み聞かせをして下さることで絵本への興味が強くなっている子が増えました。園での読み聞かせの際、知っている動物がでてくると「わんわん」「パオーン」「にゃんにゃん」など自分なりに一生懸命に言葉を発しています。保育者が言う言葉にも反応し、お友達の名前も理解し、なんとなく「○○ちゃん」「○○くん」と読んだりできるようになりました。みんなが大好きなアンパンマンも指をさしながら「アンマン」「マンマン」などと言えるようになった子もいます。まだまだはっきりしておらず、ご家庭で「ん!?」となることも多いと思いますが、子ども達の言葉を温かく受け止めることで、子ども達は言葉を発する喜びを感じ、言葉で伝えようとする意欲にも繋がっていきます。

1月の目標

*生活リズムを整え、寒い時期を健康に過ごす。
*伝承遊びを保育者や友達と一緒に楽しむ。

ももぐみ【おともだち大好き】

 「○○ちゃん、おはよ~」「○○先生、おはよ~」と元気いっぱいで登園して来るもも組の子ども達。身の回りの片づけや排泄が終わると先に玩具で遊んでいるお友達の元へ嬉しそうに行き、一緒にブロックを繋げたり、高く積んでは倒したり、追いかけごっこをしたりと関わり合いながら遊んでいます。たまに玩具の取り合いで「○○君がとった~」と泣いて訴えてくる子もいますが「かしてと言ってみようか」と借り方を知らせ一緒にいったり、「貸してあげて」と頼んだりすると、また仲良く遊び始めます。このような子ども達のやり取りを見ていると、成長したなと感じます。これからも保育者や友達と楽しくやり取りができるように関わっていきたいと思います。

1月の目標

*感染症に留意し、手洗いを十分に行いながら健康に過ごせるようにする。
*友達と共感する喜びを感じながら、伝承遊びを楽しむ。

すみれぐみ【冬野菜いろいろあるね】

 冬のお野菜にはどんなものがあるかな?散歩にでかけて近所の畑を見に行きました。まずは保育園のもりもり農園でゆり組・さくら組が育てているダイコンやニンジンそして白菜を見て、外の畑には何があるか楽しみにしながら歩き始めるとすぐにキャベツ・ブロッコリー・白菜を見つけることができ、さらにニンジンやダイコンも発見!散歩の前日に本物の冬のたくさんのお野菜を手に取って観察することができたので、畑に作ってある作物の葉っぱを見ただけで「ニンジンだ」「白菜大きいね」と、たくさんおしゃべりをしながら楽しい散歩になりました。また、給食中も散歩で見つけた野菜をおかずの中に見つけては「○○があった!」と食欲も増しているようです。

1月の目標

*冬の保健衛生に留意し、生活リズムを整え、健康に過ごせるようにする。
*友達との関わりの中で約束事を知ったり、簡単なルールのある遊びやお正月遊びを保育者と一緒に楽しむ。

たんぽぽぐみ【おしり上手に拭けるかな?】

 現在、たんぽぽ組では、排便後の始末に取り組んでいて、自分でできるようになった子が増えてきました。見えないおしりを拭くことは子ども達にとっては難しいことです。また、便が手につくことが嫌でトイレットペーパーでしっかり拭きとることができずに、拭き残しがあったり、便が広がってしまったりすることもあります。手を添えて一緒に拭いたり、声をかけたりし、個々によって知らせています。上手に出来た時は褒めながら対応してしていきたいと思います。園では便をしない子については、家庭での様子や状態について情報交換を行いながら、身につくようにしていきたいと思っていますので、ご家庭でも「おしり上手に拭けたかな?」と確認をお願いします。

1月の目標

*寒さに負けない体づくりをし、健康に過ごせるようにする
*ごっこ遊びや集団遊びを通して、友達との関りを深める
*身近な冬の自然に興味を持ちながら遊びを楽しむ

ゆりぐみ【縄跳びがんばっています】

 現在、ゆり組では縄跳び大会に向け、縄跳びに力を入れて取り組んでいます。跳べる子は回数を伸ばしながら、後ろとび、あやとびにも挑戦しています。跳べない子もあと少し!のところまでできてきているので、頑張りを褒め意欲に繋げています。また、縄跳びに取り組むことが増えてから、体力がついてきた子もいれば、跳べるようになったことが自信に繋がり「できない」「きつい」という声が減り精神的にも強くなってきたと感じます。体力づくりやリズム遊びにもつなげながら今後も取り組んでいきたいと思います。

1月の目標

*冬の健康・安全に留意し、快適に過ごせるようにする。
*冬の自然事象に興味・関心をもち、戸外でも寒さに負けず元気に遊ぶ。
*日本ならではの行事や遊びに興味・関心を持ち、楽しむ。

さくらぐみ【クリスマスケーキをつくったよ】

 毎月取り組んでいるクッキング!毎回とても楽しみにしている子ども達です。梅干しをつけておにぎりにしたり、自分達で収穫した芋や野菜を使ってアメリカンドックやミニピザ作りもしました。そして先月は、子ども達が一番楽しみにしてたクリスマスケーキでした。自分たちでどのように飾りつけをするのかグループで話し合い飾りつけ図まで描き、それを見ながら作りました。クリームをスポンジに優しく塗り、果物は均等に並べるのは難しかったようですが、完成した時はとても喜び、味も最高においしかったようです。ほとんどの子がおかわりをし、満足そうでした。残り二回のクッキングも楽しい思い出をつくっていきたいです。

1月の目標

*冬の健康・安全に留意し、快適に過ごせるようにする。
*冬の自然事象に興味・関心をもち、戸外でも寒さに負けず元気に遊ぶ。
*日本ならではの行事や遊びに興味・関心を持ち、楽しむ。

つぼみぐみ【小さなお手伝いさん】

 毎日の小さなお手伝いとして、靴運びを頼んでいます。靴箱から玄関まで靴を運ぶお手伝いです。以前は高月齢児だけでしたが、今は低月齢の子も入り、両手に片方ずつ持ち、途中止まったり道草も多いですが、いろいろな所に興味を示しながら歩いています。子ども達にとって玄関までは長い道のりですが、お手伝いは楽しい日課となっているようです。『お手伝い』といっても子ども達にとっては、遊びの一つのようなものなので、ご家庭でも一つでも楽しんでできることがあるといいですね。

12月の目標

*感染症に留意し、一人ひとりの健康状態を把握しながら丈夫な体を作る。
*冬の自然に親しみながら、保育者と一緒に季節の遊びや行事を楽しむ。

ももぐみ【大きい?小さい?】

 遊びの中で大小や色に関した遊びを楽しみました。大きい丸と小さい丸等を見せて比較させると「こっち大きい」「ちっちゃいね」と話す姿が見られました。『大きな栗の木の下で』という曲では子ども達に「どっちにする?」と聞くと「おおきいの!」「小さいの!」といろいろな反応が返ってきます。身振りや声も大きいのは大きく、小さいのは小さく…とそれぞれ表現することを楽しんでいました。いろいろなことを体験しながら、どんどん言葉を吸収するこの時期、『大きい・小さい』だけではなく『長い・短い』『高い・低い』等の言葉を大人が積極的に使い自然と理解できるようにしていきたいです。

12月の目標

*保育者に見守られながら簡単な身の回りの片づけをする。
*様々な言葉を知らせてもらいながら、保育者や友達と簡単なやり取りを楽しむ。

すみれぐみ【ガラガラうがいでばい菌をおいだそう】

 現在、感染症予防のため、ガラガラうがいに挑戦中のすみれ組。ブクブクうがいは、随分上手にできるようになりましたが、ガラガラうがいは水を含んで上を向くことが難しいようです。まず、水を含んで手洗い場の天井に貼ってあるぞうさんの絵を見ることから練習を始めました。上を向く前に水を飲みこんでしまったり、口の両脇から水がこぼれ落ちてしまったりして、なかなかうまくいきませんが、中には「あー」と口の中の水を回せる子もいます。吐き出すとき服をぬらしたりすることもありますのでご了承下さい。感染症が流行る時期なので外出後は手洗い・うがいの習慣をつけましょう。

12月の目標

*冬の健康な生活を知り、自分で行いながら元気に過ごす。
*保育者や友達と見立て遊びをしたり、行事に参加したりすることを楽しむ。

たんぽぽぐみ【秋の自然、みーつけた】

 秋の自然探しに散歩に出かけました。木の実や落ち葉、どんぐりなどの自然物は子ども達にとって宝物です。公園では、嬉しそうに大・中・小の様々などんぐりを拾っていました。あちらこちらから「どんぐりあったよ。」「大きいの見っけ!」と元気な声が聞かれました。見つけながら、友達と量や大きさ、並べ数をかぞえて楽しむ姿も見られました。3歳児にとって、数は100まで唱えることより、自分の年齢である3・4までをしっかり理解することです。ご家庭でも生活や遊びの中で、楽しみながら数に触れる機会を作ってみて下さい。

12月の目標

*冬の衛生管理に留意し、一人ひとりが健康に過ごせるようにする。
*冬の生活の仕方を知り、身の回りのことを自分でしようとする。
*身近な自然の変化や年末年始の社会現象に興味をもち遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【楽しい劇遊び】

 紙芝居や絵本を見るのが大好きなゆり組。発表会の劇では「金のおの・銀のおの」を演じることになりました。はじめて行う劇に期待を持ち、役が決まって取り組み始めるとやる気満々でした。中には、「台詞が覚えられない。」「恥ずかしい」と不安げな子どもいましたが、練習を重ねていくうちに、ホールに響き渡るくらいの大きな声で言えるようになり、自信もついてきました。生活の中でも、歌を口ずさんだり、台詞を言い合ったり楽しむ姿が見られていますので、引き続き取り組んでいきながら、みんなで最高の発表会にしたいと思います。

12月の目標

*寒さや活動に応じて、室内環境や衣服調節などに配慮し、健康に過ごせるようにする。
*自分の思いや考えを伝えあい、共感しながら友達と一緒に表現することを楽しむ。
*季節の変化に興味・関心を持ち、冬の訪れを知る。

さくらぐみ【就学に向けて】

 10月に就学前健診を終えた子ども達は、「僕は○○小学校に行くよ。」「私、ランドセル〇色にしたよ。」等と嬉しそうに話し、期待でいっぱいのようです。園では4月から少しずつ時間を意識した生活が出来るように取り組んでいます。また、就学すると学習が始まり、45分間の間椅子に着席していなければいけません。机上でお絵かきや折り紙などの遊びを取り入れながら、少しずつ座る時間をのばしていっています。しかし、まだ遊びに飽きると立ち上がったり、うろうろしたりするのが現状です。その都度声をかけたり、子どもが楽しく、集中して取り組める遊びを準備したりしながら一定時間着席できるようにしていきたいです。

12月の目標

*病気の予防や衣服の調節など、冬の健康に必要な生活習慣を身につける。
*友達と共に一つの目標に向かって、協力したり取り組む楽しさや達成感を味わう。
*冬の身近な自然や社会事象に興味・関心をもつ。