保育について

園の広場

つぼみぐみ【お着替え頑張っているよ】

 汗をかいたり水遊びをしたりなど着替えることが多くなるこの時期。活発な子ども達にとっては、着替えることよりも「早く遊びたい!」という気持ちが強く着替えが嫌な子もいますが、「いないいないばあっ!」や「こちょこちょこちょ」とくすぐったり、肌に触れてスキンシップを取り入れたりすることで、着替えの時間も少しずつ楽しくなってきました。まだ自分で洋服を着る、脱ぐができないつぼみ組ですが、大きい子はズボンやオムツの前の部分を持って引っ張り上げようとし、小さい子も洋服の袖やズボンの入り口を広げて見せながら「ここに手を入れるよ」「足はここだよ」などと声をかけると足を上げたり、手を通そうとする仕草が見られます。何をしているのかを伝えることは着脱の第一歩!ご家庭でも声をかけながら行ってみて下さい。

9月の目標

*気温に留意しながら、一人ひとりの体調を整え、健康に過ごせるようにする。
*戸外に出て、体を動かしたり探索活動を楽しんでいく。

ももぐみ【どんな色がすき?】

 先月は、スライム・ボディーペインティングなどダイナミックな遊びをたくさん楽しみました。感触遊びでは、感触だけではなくいろいろな色にも興味を持つことが出来ました。『どんな色がすき?』の歌をうたっていることもあり、「あか」「あお」「きいろ」等の名称が言え、色がついたものを保育者に見せながら「あか」などと嬉しそうに知らせにくる子もいます。しかし、まだまだ実際の色と名称の一致はむずかしいです。「バナナの黄色はどれかな?」と子ども達が知っている『もの』を示してあげると理解しやすいようです。遊びや日常生活の中で、身の回り者に興味を示し五感を使っていろいろなことを吸収している子ども達なので、興味を持った時期を逃さないように関わっていきたいです。

9月の目標

*気温の変化に留意しながら、生活リズムを整え、健康に過ごせるようにする。
*身近な人や異年齢児と関り、体を動かして遊びを楽しむ。

すみれぐみ【虫・ムシ・むし】

 夏の虫たちと触れ合ったりなり切ったりして遊びました。カブトムシを見せると身を乗り出して取り囲み、ブロックを引っ張る力強いカブトムシを見て「すごいね~」と歓声が上がっていました。いろいろなセミの鳴き声の音源を聞かせると、真似をして「ミンミン」とか「シャワシャワ」などと声を出して楽しんでいました。最後はカブトムシの親分(保育者)との力比べ、4対1のマットの押し相撲。カブトムシやクワガタに
なりきって力いっぱい押し合い、子ども達の勝利に終わり大喜びでした。本物の虫には、怖がる子もいますが遊びを通して少しずつ親しむことができればと思っています。

9月の目標

*夏の疲れや室内外の気温差からくる体調の変化に留意し、心身の疲れを癒やす。
*友達と関わりながら、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

たんぽぽぐみ【野菜でスタンプ、楽しいね】

 もりもり農園でトマトやオクラ、ナスを収穫しました。トマトは「これとっていいかな?」と実の色づきを真剣な表情で見ながら、オクラやナスはハサミを使って、なかなか切れずに苦戦していましたが、友達と交代しながら行い、とれた時はとても喜んでいました。その後、収穫した野菜の他にピーマン・ゴーヤなど夏の野菜をいろいろな角度で切って見せると「お花みたい」「こっちはお口みたい」と切り方によって見え方が違うことに気付いたり、何に見えるか想像したりと、とても興味津々でした。最後に、切った野菜をスタンプにして、みんなで夜空にさく野菜花火を作りました。普段は調理された野菜を見ているので、原物の野菜と結びつかない子もいます。これからも、その時季の野菜を見たり触れたりして食育へと繋げていきたいです。

9月の目標

*夏から秋への季節の変化を知らせてもらいながら、生活の仕方を知る。
*保育者に見守られながら、自分の気持ちを伝えようとしたり、簡単なルールのある遊びを保育者や友達と一緒に楽しむ。

ゆりぐみ【色水作り】

 赤、青、黄、白の4色を使って色水遊びをしました。「赤と青で紫になった。」「赤と黄色はオレンジ!」と最初は2色の色を使って予想を立てたり、同じ紫でも色の割合で色が違うこと等に気づきながら友達と楽しんでいました。 徐々に3色、4色と試す姿が見られたくさんの色ができました。自分で試して知るということは、『どうなるんだろう?』とドキドキワクワク感があり、子ども達にとって新鮮で「もっと知りたい。」に繋がります。自分だけの発見だけでなく、友達の発見にも共感し喜び合っている姿は微笑ましかったです。また、色を言うだけでなく「みかんジュース」「青りんごカルピス」等と見立てながら見せ合う姿も見られ、最後は乾杯で締めくくり、とてもいい表情が見られました。

9月の目標

*夏の疲れや気温の変化による体調の崩れに留意し、健康に過ごせるようにする。
*食事の仕方、マナーについて知り守ろうとする。
*自分の気持ちや考えを伝えたり、相手の気持ちを知りながらルールのある遊びや手段遊びを楽しむ。

さくらぐみ【戦争の怖さ・平和の大切さ】

 8月9日は長崎原爆の日。何十年も前、たった一つの爆弾でたくさんの人が命をおとしたこと、戦争は「国同士のけんか」であること、二度とこんなことがあってはいけないこと等を伝えると真剣な表情で聞いていました。、そして、さくら組では、世界で戦争が起きないように願いを込めて平和記念像を作ることにしました。初めて見る平和記念像のポーズに「なんでこのポーズ?」と不思議そうでしたが、上にあげた右手は『原爆の怖さ』を、横に伸ばした左手は『平和』を意味すること等が知らせると「すごいね。」と言いながら、みんなで一生懸命取り組むことができました。また、家庭でも一緒に鶴を折ったり、園で読んでもらった絵本の内容を話して聞かせた子も多く、家庭で平和を考えるよい機会となったのではないでしょうか。園生活の中では、まだ友達同士ぶつかり合うことも多く、少しずつ相手の意見に耳を傾け、譲り合ったりしながら仲良く過ごせるようにしていきたです。

9月の目標

*適切な運動と休息の必要性を知り、健康衛生に留意して生活する。
*友達と一緒に目標に向かって頑張り、達成感・満足感を味わう。
*身近な自然に関心を持ち、季節の変化に気づく。

つぼみぐみ【お片付けできるよ】

 ボールプールや風船が大好きな子ども達。元気がよすぎてプールから飛び出してしまうほどです。ある風がある日、飛び出したボールや風船が風にのって移動するのを楽しそうに追いかけ、拾っては入っていたプールに戻してくれました。また最近、♪お片付け~♪と歌うと反応し、遊んでいた玩具を手にし箱の中に片付けてくれます。その度に「上手ね。」と褒めたり拍手をしてあげると満足顔の子ども達です。大きくなるにつれ、「片づけが出来なくて…」という保護者の方の声を聞きますが、この時期からお家の人と一緒に楽しく片付ける習慣をつけるといいですね。

8月の目標

*暑さによる体調の変化に留意し、水分の補給や休息を十分にとりながら、快適に過ごせるようにする。
*保育士と一緒に夏の自然に触れて、一人ひとりに合わせたダイナミックな遊びを楽しむ。

ももぐみ【水遊び気持ちいいね】

 プール遊びや水遊びが始まりました。水遊びに興味津々の子ども達は、プールに入ることをとても喜んでいます。顔や体に水がかかるのを嫌がる子も、プールの外からお友達や保育者と一緒にペットボトルのシャワーなどの玩具で遊び、水の感触を楽しんでいます。暑い日が続いていることもあって、苦手な子も気持ちよさそうな表情です。午睡前の沐浴は、「シャワーするよ」と声をかけると喜んで集まってきて、体を洗ってあげると「気持ちいいね。」などの声も聞かれます。汗を流し綺麗にしてもらうことで心地よさを味わったり体の部位にも興味を持たせていきたいです。

8月の目標

*夏期の保健衛生に留意し、環境を整え、快適に過ごせるようにする。
*夏ならではの素材、自然物に触れ、体を動かして遊ぶことを楽しむ。

すみれぐみ【感触遊びって楽しいね】

 寒天、高野豆腐、春雨などの食べ物に触れて感触遊びを楽しみました。高野豆腐は硬かった豆腐を水につけると柔らかくなり子ども達は不思議だったようで「何で?」と聞いたり、「柔らかい」「ふわふわしている」等と自分なりの言葉で表現していました。また、春雨も硬いものと、ゆでて柔らかくなったものの違いを比べ「冷たい」「ぷにゅぷにゅしている」等、手で触りながら感触を楽しんでいました。普段、あまり触れることがない食材でしたが見るだけではなく、触ったり、匂いをかいだりと五感で体験することでより興味が高まったようです。今月も夏でしか味わえない水遊び・開放的なダイナミックな遊びを楽しませていきたいです。

8月の目標

*活動と休息のバランスをとりながら、一人ひとりの健康状態を把握し、快適に過ごせるようにする。
*夏の自然や生き物に触れながら、保育者や友達と夏ならではの遊びを楽しむ。

たんぽぽぐみ【おいしいよ!旬の野菜!】

 トマト、キュウリ、カボチャ…と夏野菜やその他の季節の旬の野菜について栄養士から話がありました。野菜の名前は「キュウリ」「トマト」と次々に出てきましたが、『旬』という言葉は難しかったようです。『旬』とは、暑い日や寒い日においしく食べられる野菜ということを知らせると「なるほど」といった表情が見られました。その後もクイズ形式で季節のおいしい野菜を知ったり、実物の旬の野菜を見たりする中で「おいしそうね」と食べる意欲にも繋がっていました。太陽の光をたっぷり受けて育った野菜は、多くの水分を含むため、体温を下げ、豊富なビタミンが体調を整える働きをします。ご家庭でも旬の野菜を食べて、暑い夏を元気にのり切りましょう。

8月の目標

*暑い夏の健康・安全清潔に留意し、快適に過ごせるようにする。
*夏の生活の仕方を身につけ、簡単な身の回りのことを自分で行なっていく。
*保育者や友達と一緒に夏の開放的な遊びを楽しむ。

ゆりぐみ【大切な水】

 先月は、水の大切さや水の性質について知らせていきました。絵本を通してきれいな水になるまでの流れを知らせると、興味津々の子ども達。汚い水が実はきれいな水にかえて川に流れていること、雨の大切さを知り、「大切にしなきゃ」という声も聞かれました。まだ、節水を意識することは難しいので、その都度声をかけているところです。また、水と油の関係についても実験を通して知らせていきました。「何で油は浮くの?」「油に水を入れたら丸ができた」等と新発見でした。まだまだ水で出来る実験に興味をもっているので、今後も取り入れ興味・関心を高めていきたいと思います。

8月の目標

*汗をかいたら衣服を着替えるなど、自分で気づき身の回りの始末を丁寧に行おうとする。
*十分な水分補給、休息をとっていく。
*水、泥などの身近な素材を使って、友達や保育者と一緒に夏ならではの遊びを楽しむ。

さくらぐみ【頑張っているよ!】

 毎日少しずつマーチングの練習に取り組んでいます。始めたばかりの頃は合わせて歩く事もままならず、リズムをとるのが難しかったり、キーボードの鍵盤の位置がわからなくなったりして戸惑う子ども達でした。しかし、短時間の練習を積み重ねていくことで、少しずつ出来るようになり自信がついてきています。最近は、子ども達から「今日練習しないの?」と催促があるくらいです。先日は、カラーガードと楽器グループの練習の成果を見せ合う機会をつくると、お互いが「かっこいい」「すごい」等と褒め合い、それが子ども達のやる気にもなっています。これからは、一人一人のできる喜びからクラスみんなで力を合わせて作り上げる喜びへと繋げていきたいです。

8月の目標

*夏期の健康な過ごし方が分かり、快適に過ごす。
*友達と協力したり、競い合いあったりすることを楽しむ中で思い切り体を動かす。
*夏の自然事象に関心をもち、夏ならではのダイナミックな遊びを楽しむ。